練習効果を下げる!?3つのタブー

「今日は、時間練習した」

 

AさんとBさんは、日曜日に、同じ時間だけ練習したと言っています。

 

では、どんな練習をしたのでしょうか?

 

私が常々お伝えしているのは、練習時間の張りあいより、練習の内容が大切だ!ということ。あなたの練習内容は大丈夫でしょうか?

 

こんにちは!

耳コピ力を鍛えて、演奏のクオリティを上げる!

ギター講師の島田沙也加です

 

練習効果を下げる3つのこと

例え、同じ時間練習していたとしても、内容まで同じということはありえないですよね。どんなに練習していても、差が生まれてしまう、やってはいけないことを3つお話していきます

 

1:アンプに繋いでいない

Bさんは、最初の1時間アンプに繋がずに、練習していた、と言いました。

 

残念ながら、アンプに繋いでいないのであれば、練習していないのと同じです。

ギターを触る時間=練習時間ではありません!上達につながる時間が練習時間です

 

エレキギターは、必ずアンプに繋いで練習しましょう。

 

2:練習がバラバラ

AさんとBさんに練習内容を聞いてみました。

■Aさんの練習

「練習内容は時間と一緒に記録しているよ!」

<Aさんのメモ>

・指板をトライアドで覚える:15分

・コードストローク:45分

・新しく曲を覚える:60分

・アドリブに使えるメロディを探す:60分

 

■Bさんの練習

「コピーバンドの曲を練習したり、YouTubeで見つけたかっこいい練習フレーズを弾いたかな〜。最近弾けるようになったギターソロを、飽きて来たら弾いてた。実は、途中、LINEのやりとりもしていたよ^^;」

さて、同じ時間練習したという2人でも、こんな風に内容が違いました。

 

どちらの方が、内容が充実しているかは、一目瞭然ですね。

「練習内容を記録する」ことで、練習内容がバラけないようにすることができます。「練習日記をつけるのも練習時間」と思ってトライしましょう!

 

「指板攻略」で音感と演奏力が上がる!トレーニングBOOK無料プレゼント

3:時間がとれる日だけ、違う練習をしている

Bさんは、YouTubeで見つけた練習フレーズに挑んでいましたが、1ヶ月の間、同じ練習をすることはありませんでした。

Aさんは、記録しているので、今やっている練習が余裕で弾けるまで、同じ練習をしています。

 

こんな風に1日の練習時間だけでなく、長期的な練習の進め方にも上達しないオトシアナが潜んでいます。1日3時間、というその日だけの練習メニューではなく、1ヶ月〜3ヶ月〜6ヶ月と長いスパンで見て、1つのことを極めていくことが大切です

このためにも、練習日記はとても役に立ちますね!

 

あなたはBさんのような、練習時間になっていませんでしたか?

 

3時間練習するとしても、ダラダラと3時間弾くのと、「これをやろう!」と決めて、3時間弾くのとでは、まったく充実度が違いますね!

ぜひ、練習に取り入れてみてください(^_-)-☆

 

この記事を読んだ方には、

移動時間でもやりたい!アドリブ練習5選!

もオススメです(^_-)-☆ぜひ読んでみてくださいね!


お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
 画像つきメール
文字メール
※携帯のメールアドレスでご登録の方は、
「文字メール」を選択してください。