よくある何分の何拍子のギモン。【ギタリストのための音楽講座〜リズムの拍子の読み方〜】

音楽理論や楽譜を書く上での決まりごと(楽典)は苦手な方が多いですね。

かく言う私も、小学生の頃、この楽曲は、ハ長調(Key=C)かイ短調か(Key=Am)か答えなさい。という問題で、撃沈した記憶があります(笑)

 

今回は、リズムに関する用語「拍子」という言葉について解説していきます。

 

こんにちは!

耳コピ力を鍛えて、演奏のクオリティを上げる!

ギター講師の島田沙也加です

拍子の意味とは?

2拍子、3拍子、4拍子、5拍子など、楽譜を読まなくても、拍子という言葉は演奏する上では、使われることが多く、覚えておいて損はない単語です。

 

「拍子」というのは、一言で言うと【何拍で、リズムを1グループと感じるか】を表す言葉です。

 

例えば、視覚的に表すと、

◎ △ ◯ △ ◎ △ ◯ △

という記号を見たら、「◎ △ ◯ △」が2回繰り返されているということが分かりますね?

 

この場合は4つで1つのグループということです。

私たちは、強弱などで、リズムにグループを感じています。

グルーヴじゃないですよ!(笑)

 

2拍1グループなら「2拍子」、4拍1グループなら「4拍子」と表します。

そして、4拍子であれば、4拍(ワンツースリーフォー)ごとに1小節という単位になります。

多くの人が躓きやすいのが、「4拍子1小節」と「2拍子2小節」では、【演奏の仕方】が異なるというところです。

拍とは?

「拍」という言葉をうまく理解できずに、この「何分の何拍子」の意味がわからなくなってしまう方が多いです。

 

私が昔、よく悩んでいたのが、「4分の4拍子」って言っても、8分音符が出てくるし、「何を基準に4拍子って言っているの?」というところです。

 

これは、ちょっと耳が痛い話ですが、頭(視覚的)で音楽を理解しようとしすぎていること」が原因です。

 

例えば、ロックの8ビートと呼ばれる曲でも、基本的には、4つ足踏みしてリズムを感じていますね?「拍」というのは、音が鳴っている、鳴っていない関係なく、曲に息づく「脈拍」のようなものなのです。

頭や視覚的に理解しようとすればするほど、わけがわからなくなってしまいます。

 

音楽に身を任せて、体を動かせば、そこに答えはありますよ(^_-)-☆

4拍子の曲とは

わかりやすいのが、合唱コンクールの伴奏のピアノみたいなイメージです

旅立ちの日に

中強というような、リズムの繰り返しを感じることができますね。

必ずしも、このパターンで音が大きくなるというわけではありませんが、4つの拍で、グループを感じるものを「4拍子」と表します。

 

強弱の順番は違いますが、こんな伴奏でも「4のグループ」を感じることができますね

 

奏/スキマツイッチ

前後2拍ずつで「合いの手」になっているようなイメージです。

 

2拍子の曲とは?

さて、では「2拍子」は?

・弱・・弱・・弱というように、2拍で、グループを感じるリズムであること(そう演奏してほしいこと)を表しています。

 

ミッキーマウスマーチのようなマーチ(行進曲)などが2拍子系の音楽です。

 

まとめると、

1  2  3  4

どん つー たん つー

のように、

1、2の「どんつー」というコール(呼び掛け)に対して、3、4は「たんつー」というレスポンス(応答)をしているように感じるリズムが「4拍子」

 

1  2  1  2

どん つー どん つー

のように、続いていても、同じものを繰り返していると感じるリズムが「2拍子」となるということです。

 

「何拍子」が示す意味がわかってきましたか?

ぜひ、曲を聞きながら、感じてみてくださいね(^_-)

4分の3拍子。「4分の」って何?

楽譜で書かれるリズム表記に「◯分の△拍子」という言葉がありますね。

最もメジャーな4分の4拍子(4/4)の他に、

4分の3拍子(3/4)

2分の2拍子(2/2)

8分の6拍子(6/8)

8分の12拍子(12/8)

などを見たことがあるのではないでしょうか?

さて、この分母に来る数字(右側の数字)はなにか?というお話です。

 

それは、楽譜で書くときに【1拍を◯分音符で書きます!】という指示です。

4分の4拍子であれば、1拍を4分音符で書きますね!という意味なので、小節の中に4分音符が4つ分入ることになります。

 

4分の3拍子であれば、1拍を4分音符で書きますね!という意味なので、小節の中に4分音符はつ分しか入りません。

 

「4分音符」は、この「◯分の△」によって役割を指定された記号なのです。

 

「◯分の△」で楽譜(リズム譜)の書き方は、チューニングされている!とおぼえておきましょう。

「2分の2拍子」と「4分の4拍子」

2分の2拍子であれば、2分音符で1拍を書きますね!という意味なので、テンポが早い曲だと、楽譜では、8分音符で書かれていても、体感的な速度では、4分の4拍子のときの16分音符のように短く感じます。

 

例えば、2分音符=120(1分間に2分音符が120回)と書かれた楽譜であれば、4分音符は、倍の240回/分という速度です。テンポ240は鬼速ですよね(笑)

 

4分の4拍子でテンポ120のときの、8分音符が、倍の240回/分になるわけですから、2拍子の楽譜の4分音符に合わせて、メトロノームを鳴らしてしまうということは、4拍子の曲の8分音符に合わせて、メトロノームを鳴らしているのと同じになるということです。

 

ややこしいかもしれませんが、曲自体のテンポ(速さ)は、4拍子のテンポ120と体感的に同じになります。

 

2分音符=120なので、2分音符1個分の長さは60秒÷120個=0.5(秒/個)

4分音符=120も同様に、4分音符1個分の長さは60秒÷120個=0.5(秒/個)

 

2拍子は、拍を感じる(足踏みしたくなるポイント)が、1小節に2個ですから、2小節で、4拍。つまり、4拍子のときの1小節分の拍数になるわけですが、2拍子の場合は、「強・弱・強・弱」、4拍子のときは「強・弱・中強・弱」のように「リズムの感じ方」が変わります。

 

【リズムの感じ方】【拍の数】を混ぜないように注意してくださいね!

 

「8分の6拍子」と「8分の12拍子」の違いは?〜複合拍子〜

さて、ここまでの説明だと、6/8(8分の6拍子)と12/8(8分の12拍子)がそれぞれ6拍子、12拍子ということになってしまいますね(笑)

 

分子が6、12のときは、少しルールが違います。(楽典的には、「複合拍子」と言います)

 

6、12のときは、「1拍が3分割(3連符)に感じるリズムですよ~」という隠れた指示が追加されます。

 

例えば、よくある8ビートの曲ならば、「1&2&3&4&(ワンエントゥエンスリーエンフォーエン)というようにカウントできますね。

&=エン

それが

1   2   3   4

どつつ ぱつつ たつつ ぱつつ

というように、1拍を3分割でとるのが、基本のリズムの場合は、

3分割×4拍子=「12」となり、

 

12/8の「12」の数字はここから来ています。つまり、

4拍子なんだけど、1拍は基本、連符で感じてね!

という追加ルールを表しているのです。

楽譜は「スッキリ読みやすい」が良い

音符は、長さを倍にしたり(4分音符×2=2分音符)、半分にしたりする記号しかないので(4分音符÷2=8分音符)、いちいち「ここ3連符です!」と書くとなると、譜面にたくさん「3」という数字を書き込まなければ、いけなくなってしまうのです。

 

だったら、もう譜面のはじめに、「12/8」って書くことで、この譜面のルールを、「3って書くの面倒だから書かないけど、8分音符が3つで1拍ってことにするね!」

という風に指示して変えちゃえ!ということなんですね。

 

8分の6拍子は「2拍子」の音楽

「2拍子」バージョンは

1   2  |1   2  |

どつつ ぱつつ|どつつ ぱつつ|

という感じです。

3分割×2拍子=「6」で、

「8分の6拍子」は、「2拍子」で「1拍は3分割する(3連符で感じる)リズム」となります。

 

つまり、「8分の6拍子」は「2拍子の仲間」、[8分の12拍子]は[4拍子の仲間]ということになりますね。

 

ちなみに、3拍子が1拍3分割ならば、1拍3分割×3拍子=9で「9/8」となります。

実際に聞いてみよう!6/8と12/8の曲

▼When a an loves a woman

 

▼Have you ever loved a woman

似たような曲名ですが別の曲ですよ(笑)

どちらが6/8で、どちらが12/8か分かりましたか?

 

答えは、

「When a an loves a woman(上)」が「6/8」

「Have you ever loved a woman(下)」が「12/8」です。

 

知識だけでなく、実際の楽曲を参考に覚えていきましょう(^_-)-☆

 

 


お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
 画像つきメール
文字メール
※携帯のメールアドレスでご登録の方は、
「文字メール」を選択してください。