今弾ける曲を37.8倍かっこよく弾くためのギターメール講座 | 耳コピ力を鍛えるギター練習帳

今弾ける曲を37.8倍かっこよく弾くためのギターメール講座

 
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
 画像つきメール
文字メール
※Ezwebやdocomo、ガラケーを
ご利用の方は「文字メール」を
選択してください。

難曲に挑むことで、ギタリストのレベルは上がる?

あなたの今の練習は、

TAB譜がないと、始まらない。耳コピは、全然出来ない。

✓前回のライブのために練習した曲は、数ヶ月経つと弾けなくなり、レパートリーが増えない。

より難しい曲に挑むことで、ギタリストとしてのレベル上げを図っている。

✓新しい曲に取り組む時、指が動いて、スムーズに通せるようになるまで、練習がツマラナイ。

✓コードやスケールなど、音楽理論が、正直分からない。

もし、あなたが、1つでも当てはまるのであれば、上達への「遠回りの道」を選んでしまっている可能性大!!!です

あなたがもし、今、「より難しい曲を演奏する」もしくは「自分の好きな曲だけを練習する」という練習方法を選んでいるのであれば、「1曲をより丁寧に、ハイクオリティで演奏する」という練習に切り替えることが必要です。

クオリティを上げる練習とは?

多くの人は、そのための「正しい練習の選び方」を知らず、自分の好きな曲だけを練習したり、行き当たりばったりで、YouTubeや教則本のトレーニングを試し、結果的に、効果の薄い練習に1日何時間も使い込んでしまいます。

クオリティを上げるための練習となるのは、あなた自身の「聴く力」「弾く力」に合ったトレーニング方法を選ぶことです。

「聴いて、弾く力」つまり、「耳コピ力を鍛える!」ということが、練習効果を高めるために必要なのです!ただ、難曲に挑み続けているだけでは、練習効果は期待できないでしょう。

そして、「耳コピ力を鍛え、演奏のクオリティを上げるヒント」をお届けするのが、【今弾ける曲を37.8倍かっこよく弾くためのギターメール講座】なのです!!

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
 画像つきメール
文字メール
※Ezwebやdocomo、ガラケーを
ご利用の方は「文字メール」を
選択してください。

今からでも、耳コピ力は上がる!?

「大人になってから、音感とか耳コピとか無理なんじゃない?」

そう思っている方は、少なくありません。ですが、私自身、ギターを始めた当初、全く耳で音程は取れないし、オマケにリズム感も悪いと笑われるレベルでした^^;

実際に、レッスンを受けて頂いた生徒さんの100%が、音感への変化を感じていただいています。

大人から「耳コピ力」を鍛えるには、ちゃんと練習方法があるのです。

このメルマガでは、

耳コピ力(音感やリズム感)を上げる練習のヒケツ

②演奏レベルを37.8倍引き上げる練習のポイント

③上達に必要な音楽理論をわかりやすく解説!

というような内容をお届けします。

効果の上がる練習VS効果の低い練習

「効果の低い練習」というのは、

✓同じ曲しか練習しない「1曲集中型練習」

✓練習しても中々弾けないフレーズを、繰り返し弾けるまで練習する「地獄の繰り返し練習」

というような方法です。

イメージ的には、ゲームでレベル30くらいないと倒せないボス(フレーズ)に対して、レベル15のまま挑み続けているようなもの。らくらく倒すには、自分のレベルを上げる必要がありますよね?

このレベルに当たるのが、あなたの耳コピ力(基礎能力)です

「37.8倍かっこよく弾く」とは?

この数字は「1.01の法則」から来ています。

毎日1%良くなる努力を重ねると、1年では、1.01の365乗で約「37.8」になる、という計算です。

逆に、悪い練習をしたり、怠けてしまい、日々の状態が1%悪くなってしまうと、0.99の365乗は約「0.03」になります。

あなたの演奏が、今日も1%でも良くなるように、そして、それがやがて大きな力になるように、という想いを込めて、「37.8倍」という数字を使っています。

【メール講座登録特典】

メルマガにご登録いただくと、無料テキスト「指板攻略トレーニングBOOK」をプレゼント致します。

※テキストは、PDFファイル形式ですので、すぐにご覧いただけます。

※「この先は、DVDをご購入ください」など、答えを隠すような配信はありませんので、ご安心ください^^

▼ご登録はコチラから
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
 画像つきメール
文字メール
※Ezwebやdocomo、
また、ガラケーを
ご利用の方は「文字メール」を
選択してください。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする