邦楽ロックのギターソロに潜む罠 | 耳コピ力を鍛えるギター練習帳

邦楽ロックのギターソロに潜む罠

「アドリブ」の勘違い…?

「アドリブをしてみましょう」

というと、

「次は何の音を出そう?」

「どのフレットを押さえよう?」

という具合に

音を出すことに意識が

集中してしまう方が多いです。

ですが、実際のフレーズというものは、

音を詰め込むだけでなく、

弾かないところ、

つまり「休符」

演奏の幅を広げてくれます。

今回からは、音使いでなく、

「リズム」に注目して、

アドリブの幅を広げていきましょう。

メロディ発想力トレーニング

今回はSTEP3です。

こんにちは!

アドリブの専門家

島田沙也加です

▼前回の記事▼

http://shimadasayaka.sakura.ne.jp/wordpress/2016/12/13/post-2527/

そのイメージは実はクライマックスである

冒頭で述べた通り、

アドリブにおいて、

【弾き続けていなければならない】

という「思い込み」を

持つ人が多いのです。

ギターソロであれば、

一番オイシイ、というか

身体的にも難しい「早弾き」シーンに

意識が向くことが多いです。

特に、邦楽ロックなどでは、

ソロはクライマックスに

現れることがほとんどです。

1番、2番と歌が入って、

ギターソロが入り、

最後のサビに入る。

というのは王道の流れですね。

そのようなソロのイメージのまま

メロディを弾き続けるのは

とても難しく感じるでしょう。

実際によくある曲の構成

では、例えば、

この曲を例にとってみましょう。

ポルノグラフィティ/ヒトリノ夜

歌の間奏に入るギターソロは

曲の構成自体でクライマックスでもあるので、

全体的に激しいフレーズで

あることが多いです。

大体のギター少年は、

一番難しいところを

特に練習する傾向があります

(私を含めて(笑))

その一番盛り上がったところの

イメージのままアドリブで

全編通そうとするので、

果てしなく難解に感じてしまう

というわけなんですね。

そうやって、弾くことも難しいのですが、

ずっと音が詰まっていると

実は、聴いている側としても

実は息が詰まって聞こえるもの、

なんです。

演奏を聞く耳を変える

普段からかっこいいフレーズ探しを

するのも大切ですが、

「そのフレーズは

どこで切れているだろうか?」

=フレーズが呼吸するタイミング

「休符はどんな風に

入っているだろうか?」

=「間」の感じ方

というように

【休符やフレーズの区切りに

 意識を向ける】

こういった聴き方を

してみましょう。

音を鳴らすだけが、

プレイではないのです。

休符が入る「間」

プレイの一環!

自分の好きなソロは

どうでしょうか?

この意識で聞いてみてくださいね!

次の記事はこちら!

ただいま準備中です!

メロディ発想力5STEPトレーニング

http://shimadasayaka.sakura.ne.jp/wordpress/page-2509/


お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
 画像つきメール
文字メール
※携帯のメールアドレスでご登録の方は、
「文字メール」を選択してください。
 
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク