【指板攻略法】CAGEDフォームの弱点克服! | 耳コピ力を鍛えるギター練習帳

【指板攻略法】CAGEDフォームの弱点克服!

指板攻略法を補完するする方法を考える

こんにちは!

耳コピ力を鍛えて、演奏のクオリティを上げる!

ギター講師の島田沙也加です

前回、指板攻略法

「CAGEDフォーム」について

解説しました。

▼指板攻略法「CAGEDフォーム」とは

http://shimadasayaka.sakura.ne.jp/wordpress/2016/06/27/2231/

指板攻略法「CAGED」フォームにも

弱点があります。

今回は弱点を知って、

更に使いこなしていきましょう。

CAGEDフォームのメリット・デメリット

■メリット

・ドレミファソラシドを把握しやすい。

・コードに応用しやすい

・キーが変わったときに応用しやすい

■デメリット

・横の動きに対応しづらい。

・キーが変わったときに、間違いやすい

今回は、これらのデメリットを

克服するための練習法を解説します。

1ルート2フォームの見方

5つのフォームごとに覚えたあと、

いかに「応用」するかが、

このCAGEDフォームを使って、

ドレミファソラシドを

把握するために欠かせません。

「横の動き」のデメリットを

克服するためには、

「1つのルート音から

2つのフォームが伸びている」

という見方で、

2フォーム1セットで

捉える練習をしていきましょう。

■5弦ルート

CフォームもAフォームも

ルート音(ド)は、

5弦3フレットです。

スクリーンショット 2017-01-18 18.20.40

■6弦ルート

GフォームもEフォームも

ルート音は、

6弦8フレットです。

スクリーンショット 2017-01-18 18.25.44

■4弦ルート

Dフォームは、

ルート音が、

4弦10フレットですが、

これは、Eフォームのオクターヴ上の

ルート音と同じですね!

スクリーンショット 2017-01-18 18.29.07

「ド・ミ・ソ」を中心に見る

図で示したように、

特に「ド・ミ・ソ」の位置を

優先的に見ることから始めましょう。

何フォームの「ド」を押さえているのか

また、「ミ」を押さえているのか、など

指だけの運動にせず、

しっかり頭を使いながら

覚えていきましょう。

メロディを弾いて練習する

隣り合うフォームを

行ったり来たりして、

アドリブでメロディを

弾く練習をします。

※アドリブがそもそもできない。

という方はこちらをご覧ください

▼アドリブメロディをつくる頭を鍛える!

http://shimadasayaka.sakura.ne.jp/wordpress/page-2509/

ドレミファソラシド〜と、

順番に弾くだけでなく、

アドリブで音のイメージを

指板と一致させていくことが欠かせません!

また、こうした指板を

視覚的に捉える練習は

必要になってきます。

(偏ってはいけませんが)

視覚的に捉えるためには、

イメトレのススメをしています。

詳しいイメトレの方法は

次回の記事で解説していきます


▼次の記事はこちら

ただいま準備中です!m(_ _)m


お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
 画像つきメール
文字メール
※携帯のメールアドレスでご登録の方は、
「文字メール」を選択してください。
 
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 安部 健 より:

    メッチャわかりやすいです。

    図も綺麗だし尊敬します。
    教え方も丁寧だから理解しやすい。