もしも、アンチコメントをもらったら?〜ネットで悪口を書いてしまう人の心理〜

YouTubeやSNSで、人の演奏にケチを付けたり、悪口をかいている人、よく見かけますよね。

 

私は、仕事柄、演奏をお見せする立場ですので、厳しいご意見はもちろん、理不尽な言葉まで、飛んでくることはあります(笑)

 

他の方のYouTubeを見ていても、「これが面識のない人にかける言葉??」とびっくりするほど、心無いコメントが付いていることがあります

気をつけたいのが、【自分が批判したくなったとき】

 

私も、「なにこの~~!!何だこいつ、ヘンテコなこと言ってる~~~!!」と思うことはあります。(人間なので

 

そんなとき、冷静になって【批判してしまう気持ち】を考えてみました。

こんにちは! 島田沙也加です

 

いつもはそんな悪い人でなくても、「気分」で書いてしまう

 

例えば、あなたがネット上で「下手だな~」と思う演奏を見たとします。

 

ここで、「下手くそ!」と、コメントすることも、コメントしないことも、あなたには選択肢がありますね。

 

この記事を読んでいるあなたには、そんなコメントしない人であってほしいですが、人間なので、【その時の気分】で書き込んでしまうこともあるでしょう。

 

なので、「悪口を言ってしまいたい、そんな気分かも?」と思ったときは、はた、と少し考えてみましょう。

 

果たしてそのコメントは「人のため」になるのか?

「相手をこき下ろすようなコメント」は誰が幸せになるでしょうか?

よっぽどのドSじゃない限り(笑)心無い言葉を貰えば傷つきます。

 

1)事実を言ったまで!

「事実を言ったまで」という意見があるかもしれませんね。しかし、なぜ事実を告げる必要があるのでしょう?

 

街ゆく人に、「君は、服のセンスが悪いね」「君は、メイクが下手だよ」「君は、歩き方が悪いね」と、告げ歩いていたら、それが真実であっても、ただの変人ですよね(笑)

 

例えば、私のメルマガにも、「たまに読んでます」とバカ正直に感想を送ってくださる方がいらっしゃるんですけど、なんでも素直に答えたからと言って、金のギターも銀のギターも手に入らないですからね?(笑)

2)アドバイスしてやったんだ!

また「アドバイスしてやったんだ!(ありがたく受け取るべき!)」と思う人もいるかもしれませんが、これも同じことですよね。

 

誰だか素性の知れない人が、いきなり街中で、「君、歯が汚いね。いい歯医者紹介しようか?」と話しかけてきたら、正直ドン引きです(笑)

 

私も「ここ誤植がありますよ」とか、そういうご指摘はありがたくいただきます。(細かいところまでしっかり見ていただいて、逆に嬉しい!!)それでも、ありがたくいただくかどうかは、あくまで「受け手次第」であって、「お客様は神様だろうがよ!」と客側が言っているのと同じですよね。アドバイスする側のセリフではありません。

3)じゃあ、ウソでも褒めろと?

という方がいそうですが(笑)そもそも、コメントする必要がない、ですよね。コメントして何を得たいのか?「仲良くなりたい」が目的なら、マイナスコメントで仲良くなれるわけもありません。

「プラスなことばかり並んでても気持ち悪い」という感覚はわかりますが、自ら率先して悪役に回る必要はないですよね

4)質の悪いものをネットに流すな!

もしかしたら、そんな正義感に燃えた「低質動画(情報)バスター」気取りなのかもしれません。でも私は、「どうしようアンチコメントとかつくかも…」という不安を乗り越えて、情報発信や自分の演奏動画を披露できることの方が、素晴らしいと思います。

 

特に演奏は、練習で上手くなるものです。そんな発展途上に水を差すようなカッコ悪い方は、私はお付き合いゴメンですね。

アンチコメントを書いてしまう人の心理

「相手をこき下ろすようなコメント」で、得しているのは誰なのか?

それは、他ならぬ、【コメントしているその人自身】なのです。

 

こんな演奏しているヤツより、自分のがマシ。

 

そうやって自分を慰めているのです。

 

私自身もなんだかムカムカして愚痴をこぼしていたときに「あ、こうやって、自分を守ろうとしているんだ」と気づいたのです。

 

【相手を下げて、自分が勝ったつもりになっているだけ】

 

自分のレベルは変わらないまま、努力をしないままで、相手に下がってもらうことで勝った気になる。

 

これ、、、

 

すっっっっっっっごい

 

 

ダサい!!!!!!!

 

 

ですよね^^;

 

私は、自分が努力して、変わっていくこと、夢を叶えていく人を応援します。

 

もし、あなた勇気を出して投稿した演奏動画に悪いコメントがついたら、

「ああ、この人は、こうやって精神のバランスをとっているんだな~」

と言うことを思い出してくださいね。

 

どんな酷いことを書かれてしまっても、それは、あなたのことを言っているわけではなく、その人の自尊心を保つための言葉なんですから。

 

逆に、そんなカッコ悪いことしそうになったら、ぐっっっとこらえて、自分の中にしまっておいてくださいね

 

言葉は、ブーメランです。

 

言った分だけ、自分にのしかかってくるものです。人に言えば言うほど、「自分も指摘されるんじゃないか」と臆病になっていきます。すると、どんな挑戦もできない「口だけの人間」になっていくのです。

 

メンタルの弱い人が多い世の中、蔑むコメントはきっと消えないです。

 

 

だから、そんな人たちに飲み込まれない私とあなたでいましょうね!

 


お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
 画像つきメール
文字メール
※携帯のメールアドレスでご登録の方は、
「文字メール」を選択してください。