首締め厳禁!「演奏はこうじゃないと…」は危険信号! | 耳コピ力を鍛えるギター練習帳

首締め厳禁!「演奏はこうじゃないと…」は危険信号!

こんにちは!

ミュージックライフプランナーの
島田沙也加です!

ついつい「演奏」と呼ぶには、

「綺麗じゃないといけない」
「音が詰まっていないといけない」

なんて自分で勝手にハードルを
あげて演奏を楽しめなくしてしまう…

そんな島田沙也加的症候群
悩まされていませんか?(笑)

(よくこういうことで
 勝手に凹んじゃうんですよね(^_^;))

もちろん1音、1音のタッチの良さや
速弾きができたり、
テクニックがある事に
越した事はないのですが

これらを今いきなり、
手に入れるのはまず無理でしょう…

ですが、
今日よりも明日、明日よりも明後日
上達する事は確実です!

ならば、急がば回れ
お勉強していて、
メジャースケールやペンタだとかの
知識を持っていても、

もっともっと使いこなすために

【音数を絞ってフレーズを歌う】

ことが、
自信のある演奏
手に入れる一歩だと思います

おそらく大体の人が
どんな楽器にせよ
音感を養うより早く、
視覚的にドレミファソラシドの
鳴らし方を身につけると思います

そうすると、もう
鳴らしてもその音が外れないことは
わかるので実質、
「使える状態」ではあります

しかしそれは
「歌える状態」とは違うのです

知識として使える音は
割と簡単に増やしていけるので、
音のイメージがなくとも
鳴らすことができますが

ここが適当な演奏
歌ったような演奏かの分かれ目。

今回のコール&レスポンスでは
ドとレしか使っていませんが、
実際にドとレを使って演奏してみて

次は「ラ」につなげたい!とか

そんな風に頭の中に鳴ったら
勝ちですね!(笑)

というように、
自分の音感試しにも
使えたりするわけです

すごいな、2音効果。(笑)

いろんな音を増やして、
わからなくなったら、
私はこうやって少ない音数に
戻るようにしています

楽しくアドリブで
メロディを作るための
第一歩は【ドとレの2音から!】
ぴん!ときた方は
ぜひ参考にしてみてください。

また、更に詳しいアドリブでの遊び方は
無料メルマガ《楽しさと成長の
エンドレスループ創造メール》
にてお伝えしていきます

ご興味を持った方は
今のうちにこちらのリンクから
登録しておいてください。
http://shimadasayaka.sakura.ne.jp/wordpress/page-12/?TxL


お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
 画像つきメール
文字メール
※携帯のメールアドレスでご登録の方は、
「文字メール」を選択してください。
 
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク