耳が良くなるコードの聴き方!〜代理コード編〜 | 耳コピ力を鍛えるギター練習帳

耳が良くなるコードの聴き方!〜代理コード編〜

コードは「聴き方次第」

耳が良くなっていきます!

こんにちは!

耳コピ力を鍛えて、演奏のクオリティを上げる!

ギター講師の島田沙也加です

今回のテーマは

「代理コードの聴き方」

です。

▼さっそく視聴する!

コードには3つの性格がある

コードは落ち着き盛り上がり

分けて聴くこと!

というのが、

前回の動画の内容でした。

今回は、

3つのコードの性格(機能)について

解説していきます。

・C:トニック

・F:サブドミナント

・G:ドミナント

ですね。

C・F・Gの3つのコードが

基本的なコードの機能です。←重要!

残り4つのダイアトニック・コードも

この3つの機能に

振り分けることができます。

振り分けたコードは

代理コードと呼ばれます

「代理コード」の知識はいつ役立つ?

さて、この知識を

どう活かしていくかが

問題なのです!

覚えただけでは終わらせない!

それが私のモットーです!(笑)

活用ポイント①置き換え可能

同じグループにあるコードは

置き換えてもコード進行の流れを

変えることはありませんので、

作曲・編曲などで、

コードを置き換えることができます。

悲しい歌詞の部分に合わせて、

「マイナー」のコードに変化させて

使われることがあります。

これを、

「リハーモナイズ」ともいいます。

また、セッションなどでも、

こうした即興のコードアレンジは

行われます。

活用ポイント②カテゴライズで耳コピ力アップ!

7つあるダイアトニック・コードも

機能は3つに分類されるわけです。

こうした「機能面」を聞くことで、

コードのあたりをつけやすくなります。

音程を当てようとして、

1つずつ探していっても、

見つかりづらいモノ。^^;

聴き方を覚えていくと

耳コピにも役に立ちます。

きらきら星で代理コード使ってみた

(動画6:56〜)

せっかくなので、

コードが変わるとどうなるのか

聴き比べていただこうと思い、

「きらきら星」を弾いてみました

結果:なんか深刻な感じの曲に変わり、

きらきらしなくなりました

音楽理論と上手く付き合うポイント

音楽理論の本を開いて、

用語を覚えただけで終わらせてしまい、

結局、活用の仕方がわからない

というのはよくあるパターンです^^;

ザツガクで終わらせず、

しっかり「感覚とリンク」させて

覚えていきましょう!

▼アドリブに使える!コード理論

http://shimadasayaka.sakura.ne.jp/wordpress/page-2886/


お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
 画像つきメール
文字メール
※携帯のメールアドレスでご登録の方は、
「文字メール」を選択してください。
 
スポンサーリンク