ギターでメロディを弾けるメリット? | 耳コピ力を鍛えるギター練習帳

ギターでメロディを弾けるメリット?

こんにちは!

苦しい楽器修行から脱出!
充実の音楽ライフをリスタート!

ミュージックライフプランナーの
島田沙也加です!

TAB譜少年達よ、
気付いていますか?

TAB譜ばかりと向き合っていると
ふっと聞いたメロディを
すぐに楽器で鳴らすのは困難です

つまり、耳コピのスピードは
一向に上がりません。

どういうことかというと
TAB譜のように視覚頼みに
プレイしていると、
音感やその他音楽に関する感性が
育ちづらいということです

もしあなたが
「音楽のセンスは自分にはなくて…」
というように思ったことが
あるのであれば、
もしかしたら、
譜面が原因かもしれません

だからこそ簡単なメロディから、
ギターでドレミを弾けるように
練習していきましょう!
▼今回の動画はこちら!

前回から、
ギターで遊ぶ方法についての
連載が始まりましたが、
今回は

STEP1*メロディを弾く!←コレ
STEP2*メロディにコードをつける
STEP3*メロディとコードを同時に弾こう!

からいきましょう!

題材は「きらきら星」

幼いころ、
一度は口にしたことがある
メロディなのではないでしょうか?

余談ですが、私は
中学時代はソフトボール部で
「きらきら星」の替え歌にした
応援歌を歌っていたので、
青春を思い出します(笑)

「ドドソソララソ
 ファファミミレレド」

まずはこの短いフレーズを
弾いてみましょう!

こちらで確認しながら、
音の場所を覚えていって
みてくださいね!

Gフォーム

このようにギターは
あまり手を動かさずに
ドレミファソラシドを
弾くことが可能です

このポジションを覚えておくと
アドリブだって
できるようになりますので
覚えておいて損はありません!

アドリブを弾くためにも
大切なポイントは
「フレーズを歌う」こと!

こうした歌いやすいメロディの方が
なんとなく覚えたメロディより
楽器で奏でることは容易かと思います

歌えるメロディを楽器で弾く
という練習で音感を養っていきましょう!

こうした楽器の遊び方について
無料メルマガ《楽しさと成長の
エンドレスループ創造メール》
にてお伝えしていきます

ご興味を持った方は
今のうちにこちらのリンクから
登録しておいてください。
http://shimadasayaka.sakura.ne.jp/wordpress/page-12/?TxL


お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
 画像つきメール
文字メール
※携帯のメールアドレスでご登録の方は、
「文字メール」を選択してください。
 
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク