アドリブの基本!メジャーキーとマイナーキーの対応の仕方 | 耳コピ力を鍛えるギター練習帳

アドリブの基本!メジャーキーとマイナーキーの対応の仕方


メジャーにマイナー…
楽器を楽しむには
色々覚えなきゃいけないんだな…

やっぱり、
音楽理論は難しいから

やーめた!

と!
投げ出す前に!

キーがマイナーのときの
対応の仕方を
覚えておきましょう!

例えば、以前お伝えした
Am |Am |F  |G  |
というコード進行。

このコード進行では、
Amが落ち着きのコードです。
▼このコード進行についてはこちら

この場合、
「ラ」が王様になる
「キーAマイナー」と
書かれたりしますが

結論から言うと、
Cのメジャースケールで
アドリブしてOK!

です(^◇^)!

理由1*使っている音が同じ

Aマイナースケールと
Cメジャースケールは

使う音が同じスケールです

「ドレミファソラシ」の7種の音を

「ドレミファソラシド」と弾けば
明るく感じるメジャースケール

「ラシドレミファソラ」と弾けば
暗く感じるマイナースケール

と、なります。

なので、コードがAmで
落ち着いていても
Cメジャースケールの意識で
「ド」に戻るように弾いて
問題はありません

理由2*アドリブはシンプルがベスト!

キーがマイナーだから…
と覚え直す必要はありません

まずはAmで落ち着いていても
Cで落ち着いていても

Cメジャースケールで大丈夫!!

という
シンプルな考え方でいきましょう!

*補足*

アドリブに余裕が出てきたら…

コードがAmで落ち着いているので、
「ラ」に戻るように弾いても
もちろんOKです!


お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
 画像つきメール
文字メール
※携帯のメールアドレスでご登録の方は、
「文字メール」を選択してください。
 
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク