「指が痛い」「すぐに疲れる」それって構え方のせいかも? | 耳コピ力を鍛えるギター練習帳

「指が痛い」「すぐに疲れる」それって構え方のせいかも?

今回はギターの構え方について
チェックしたいポイントを
3つまとめてみました!

練習していると、
指が痛くなったり、
疲れてしまったり、
そんな経験はありませんか?

ちなみに私は
昔練習を追い込みすぎて
指が筋肉痛に
なったことがあります(笑)

長く楽器を楽しむためにも
楽器を弾く姿勢というのは
とても重要ですので、

ぜひ、動画を見て
いつもの演奏姿勢を
気にかけてみてください!

*ポイント1*
「弦を押しすぎていないか」
エレキギターの場合は、
弦を押さえるために、
力はそれほど必要ではありません
優しく触るように指を置いても
弦を押さえることができます

実際にどのくらいの力で
弦を押さえることができるのか
試してみてください

*ポイント2*
「肘を引いていないか」
指板を覗き込むような
姿勢になってしまうと
どうしても、肘が固まって
弾きづらい姿勢になってしまいます

また、指に負担もかかるので
ギターのネックを前に出してあげる
イメージで構えましょう

*ポイント3*
「ネックが下を向いていないか」
ネックが下を向いてしまうと
肘が伸びて、
弦が押さえづらくなります

ネックは顔に近い方が
手首も傷めにくいので、
ネックが下がっていないか
気をつけてみましょう

ロックなパフォーマンスでは
「力強く弾く」
「低い位置で構える」
というものがありますが、

特にそういった
パフォーマンスが必要でなければ
弾きやすい姿勢で
演奏を心がけてみてくださいね


お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
 画像つきメール
文字メール
※携帯のメールアドレスでご登録の方は、
「文字メール」を選択してください。
 
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク