あなたは今、どの段階?必要な練習が見える楽器演奏フェーズ! | 耳コピ力を鍛えるギター練習帳

あなたは今、どの段階?
必要な練習が見える楽器演奏フェーズ!

「楽器を楽しむ」
という一口においても
幾つかのフェーズがあるように
感じます

そして、
「自分は今どんな段階なのか!?」
というのを理解して
練習すると
練習も楽しくなり、
かつ自分の欲しいような成長を
遂げることができる!

と確信しています

716c5a549d851653c3c4ff6925fbc6b6_s

まず第一に、
「楽器に触ってみたい」
という初歩段階です

触れば満足なので、
このフェーズは早々と抜け出さないと
早々に飽きる可能性大(笑)

(これで、私はピアノとギターを
 投げ出しています笑)

楽器で何をやりたいかを探すのが
得策です!

次は
「楽器で〜〜ができるようになりたい!」
という段階。

このとき、
ちょっと難しいコピーフレーズだとしても
わりかしいけてしまうもの。
やりたいという憧れの気持ちは
強力です。

だいたいこの段階で挫折する人は
「〜〜は難しそうだから、
まずは、簡単な曲から」とか

「基礎知識(コードとか)を
覚えてからにしよう」

基礎固めから入るタイプ

最初は自分の「やりたい」気持ちに
素直になって
「やりたい練習」をやるのがオススメ!

そして次は
「楽器に自由になりたい」
という段階。

コピーしかやったことがない人が
陥りやすい現象。
いつまで経っても
譜面を覚える作業効率が
上がらなかったりすると

「そんなに時間のかからない
趣味がいいや…」

と逃げがちになるパターンです。

ここからは、
楽器の鳴らしたい音を
イメージして出す練習が大切!

もう十分に演奏能力が
備わってきているので
今度は自由自在を目指すことで
さらに楽器が楽しくなります。

そして、
これが私が認知する最終フェーズ。

「自分の演奏で人を喜ばせる」
という段階。

2fdf064992604f65aa1c6dcea6718f56_s

楽器への自由が得られたら、
今度は、周りと共有することや
演奏で喜ばせる練習になってきます

自分だけが自由に弾くだけでは、
満足しなくなってきます!

演奏全体のストーリーを
描きながらの練習が効果的になります!
「なんだか、最近練習や演奏が
 マンネリしてきた…」
「今までの練習が魅力的じゃない…」

などなど思うようになったら、

もしかしたら、
成長しているのかもしれません!

ぜひ、自分はどんな段階なのか
参考にしてみてくださいね!

▽▲▽▲▽▲▽

また、無料メルマガにて
1日1ヒント!音楽お役立ち情報を配信中!

ぜひ、「音楽理論書がわからない…」
「憧れるのに練習が続かない…」
などのお悩みをお持ちでしたら
下の登録フォームから
ご登録くださいませ!


お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
 画像つきメール
文字メール
※携帯のメールアドレスでご登録の方は、
「文字メール」を選択してください。
 
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク