カラオケでは再現できない演奏の楽しさとは? | 耳コピ力を鍛えるギター練習帳

カラオケでは再現できない演奏の楽しさとは?

自分で演奏できるからこその
楽しみってなんだろう?

とふと考えていたのですが

【何度でも好きな曲が
生まれ変わる!】

703915fb1565033243756abdea3aa350_s

そんなところが
演奏の魅力のひとつかな!
と思います

好きな歌手の好きな歌を
ただそのまま歌って楽しむだけならば

カラオケで済んでしまいますね(笑)

ですが、演奏できれば、
もう全てがこっちのもの!
テンポを早くするも遅くするも
自由だし、
曲の雰囲気すら変えることすら
自由自在です

ですが
一つよく問題になるのが
曲の雰囲気を変えると
一口にいっても

「ロック以外わかりません…」

「むしろジャンル分けから
 気にして聞いたことがありません…」

というお悩みをよく聞きますし、
昔の自分も漏れなくそうでした(笑)

c53396be86062f4d2e396a7047689146_s

なので
今日は「シャッフル」というリズムを
紹介しようと思います!

J-POPsの中にも
色んな曲の乗り方が
混ざっているものです

もちろん、本場物よりかは
幾分か癖を削ぎ落としたものですが

例えば斉藤和義さんの
「歩いて帰ろう」は
聞いたことありますか?

ちょっとスキップしたくなるような
曲調ではないですか?

こういったハネた感じ
「シャッフル」なんて言ったりします

いきなり、
ど直球なシャッフルの曲を聞いても
「ノリがわからない…」

なんていう事故も起きますので(笑)
こういった聞きやすいところから
違いを掴んで行ってみてくださいね

YouTubeで見つけたのですが
もののけ姫の曲を
「ロックアレンジ」したもの
とかありました(笑)

(シャッフルのアレンジで
 いいものがなかったので
 ご了承ください笑)

こういった
曲調のチェンジはもちろん、
メロディも自由自在なのが
ジャムセッションというわけです

それが何度でも同じ曲で
遊ぶことができる理由ですね

割と名曲アレンジが
ネット上にありますので、
このお休みの空いた時間などに
音楽を探して楽しんでみるのは
いかがでしょうか?

▽▲▽▲▽▲▽

また、無料メルマガにて
音楽お役立ち情報を配信中!

ぜひ、「音楽理論書がわからない…」
「憧れるのに練習が続かない…」
などのお悩みをお持ちでしたら
下の登録フォームから
ご登録くださいませ!


お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
 画像つきメール
文字メール
※携帯のメールアドレスでご登録の方は、
「文字メール」を選択してください。
 
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク