レッスンで音感が良くなる理由〜ハードルの低い耳コピって?〜 | 耳コピ力を鍛えるギター練習帳

レッスンで音感が良くなる理由〜ハードルの低い耳コピって?〜

「小さな耳コピ」音感がらくらく向上!

こんにちは!

耳コピ力を鍛えて、演奏のクオリティを上げる!

ギター講師の島田沙也加です

レッスンで音感が良くなる理由

なぜレッスンを受けると音感が良くなっていくのか?

そのヒントが「ハードルの低い耳コピ」にあります

あなたは、今までに耳コピに挑戦したことはありますか?

私もアドリブを始める前、ギターを始めて4年目になるころ、「ムーンライト伝説」(セーラームーンの主題歌)のバンドアレンジに挑戦しましたが、音感を鍛えていなかったので、めちゃくちゃ大変だったことを覚えています^^;

入門レッスンでは、短いフレーズをモノマネすることから始めます。

譜面は使いません。

私の弾いた音を聴いて、リズムを止めずに返します。

ドとレ、ドとミ、ドとソなど、2音に限定して始めるのです(^^)

音数を少なくすることで、ハードルが下がります。

音感を磨くためには、「耳コピ」がとても効果あるのですが、好きな曲という基準で選んでしまうと、難しくてコピーできないという壁が生まれてしまうのですね^^;

耳コピ自体が難しいのではありません。

コピーするメロディの方のレベルを下げてあげればいいのです。

ただメロディのレベルが下がれば、やはり単調にはなります。

そこは、私の腕の見せ所みたいなところですね(笑)

少ない音数だとしても、こんな風にも弾けるんだ!という感想をよくいただきます(^^)

もちろん、レッスンはずっとモノマネをするだけでなく、アドリブの考え方、やり方についてもお伝えしています。

継続のレッスンでは、フレーズの発想法だけでなく、音色まで改善していきます。

音色の改善にも、「耳コピ」が効きます。

弾く前に、どんな音色を出すのかを、イメージする力をつくるには、やっぱり「耳コピ」です。

フレーズは譜面に書けても、音色は譜面には書けませんからね!私もよくトレーニングしています。

音程の感覚も、音色の感覚も、まるっと鍛える「ハードルの低い耳コピ」を体感されたい方は、ぜひレッスンにいらしてくださいね!


お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
 画像つきメール
文字メール
※携帯のメールアドレスでご登録の方は、
「文字メール」を選択してください。
 
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク