カッティングが決まらない<お悩み別練習法>

今回は、

「上手くカッティングが

 できない。」

そんなお悩みを

根本から解決していきます。

 

こんにちは!

耳コピ力を鍛えて、演奏のクオリティを上げる!

ギター講師の島田沙也加です

 

カッティングはなぜ難しい?

 

リズム・ギターは、

ギタリストにとって

鬼門であることが多いです。

 

その中でも、

「カッティング」

 

16分音符で刻む

カラッとした爽快な音

ファンキーなグルーヴ

魅了される方は後を絶ちませんが(笑)

 

・腕の動きが早くて上手く振れない

・ピックがずれる、飛ぶ

 

そんな難関があるのも

「カッティング」です。

 

今回は、そんな問題を

「根本」から解決していきます。

 

カッティング練習5つのポイント

■ギターは持たない

■リズムを感じる

■歌う

■腕の動き

■1コードで練習

 

この順番で解説していきます。

 

ポイント①ギターは持たない

「ストレスになることは

 なるべく楽器でやらない」

 

ということを

私はモットーにしています(笑)

 

これが、練習の前提です。

・体が動かないストレス

・音が鳴らせないストレス

 

全くゼロにすることはできませんが、

楽器を持つ以前に、

練習した方がいいこともあります。

 

練習を楽しく続ける工夫を

していきましょう^^

 

ポイント②リズムを感じる

ギターを弾く前

「リズム」を感じることが重要です。

 

腕の動くスピードが上がっても、

体の中に「リズム」がなければ、

棒読みのような

カッティングになってしまいます。

 

特に、弾きたいリズムは

どんなリズムなのか?

 

それを、

弾かない状態で、そのリズムを

感じることができなければ、

演奏することは難しいです

 

曲を聴きながらできる

リズムトレーニング法を

こちらで解説しています。

 

▼ロックとファンクを聴き分けるトレーニング
http://shimadasayaka.sakura.ne.jp/wordpress/2016/04/24/post-1922/

 

ポイント③歌う

音のイメージを、

具体的にするために

「歌う」工程が大切です。

 

ギターを腕だけ、指先だけで

扱おうとすると、

ギターはただの道具に

なってしまいます。

 

声を出すことと、

ギターの音を出すことは

ギタリストにとって同じなのですね〜

 

ポイント④腕の動き

ここに来てやっと、

腕を動かします(笑)

 

右腕の振りが小さかったり、

ピックが斜めにあたっていると

「ぺきょ」っとした

切れの悪い音が鳴ります。

 

6弦から1弦が鳴るのは同時!

くらいのスピードで駆け抜けましょう。

 

肘を軸に大きく振ることが大切です。

鎖骨あたりから、

全部、腕はつながっている

そんなイメージで大きく振りましょう。

 

ギターを持たずに

腕を振る練習をしてもいいですね。

 

ピックを持って、

弦を押さえていると

今までの楽器への

「悪い思い込み」が消えません。

 

ポイント⑤1コードで練習

左手を浮かせてミュートする

タイミングも「キレ」を

出すためには重要です。

 

スライドなどの動きは入れず、

押さえやすいコード(Am7など)で

実践しましょう。

 

「分解」がミソ。

ここまで、分解して練習すると

コードが変わったときにも

リズムのパターンが変わったときにも

応用しやすい形で習得することができます。

 

 

一番非効率なのは、

【弾けないフレーズを

 とことん弾き込むこと】

です

 

指先、腕の動きだけにフォーカスし、

出来上がったものがぺらぺら

 

ということも少なくありません^^;

↑経験済み

 

急がば回れ!

楽しんでいきましょう^^

 

▼メルマガ登録はこちらから http://shimadasayaka.sakura.ne.jp/wordpress/page-12/

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
 画像つきメール
文字メール
※携帯のメールアドレスでご登録の方は、
「文字メール」を選択してください。