「練習嫌い」の矯正法とは!? | 耳コピ力を鍛えるギター練習帳

「練習嫌い」の矯正法とは!?

生まれながらの天賦の才能があって
ギターを持った瞬間
誰よりもうまかった…!

…なーんて。
漫画みたいなことは
私には起こらず(笑)

楽器を始めて、練習しようも続かず、
ステージに上がれば、
緊張で、てんやわんや(笑)
非才に打ちひしがれるような
楽器人生の駆け出しでした(泣)
192445そんな私のように、
「うまくなりたいな〜」とは
思うのに練習は重荷に感じて続かない…

もしそんなお悩みをお持ちでしたら、

【好きな練習を腹八分目でやること!】

をオススメします

「毎日弾いたほうがいい」と
勧められたところで
練習が重荷だったら
話が始まりませんもんね(笑)

例えば、
「こんな曲をやりたい!」
とかがあれば、

冒頭からではなく、
いきなり美味しい部分から練習する!

もしくは、

「こんな曲でアドリブしてみたい!」
とかがあれば、

スケールの練習やコードを覚えて…
の前に、その曲で使える2音で
遊んでみるのがいいでしょう
(→使える2音とは?

そして重要なのが
【腹八分目で止めておくこと!】

どんなに楽しい練習でもやりすぎて
次の日のモチベーションに
繫がらなければ意味がありません!

例えば、「今日から
ランニングを習慣にしよう!」
とした時に、
いきなり初日から
10km走ってしまったら
次の日に疲れが残って
走りに行く気持ちが
重たくなってしまいますよね…
(10kmというのは
私のきつそうだなと感じる基準ですが(笑))

練習への気持ちが重たい人は
もしかしたら、
まとめ練習で時間を
取りすぎているのかもしれません!

なので、練習の時間と内容を
見つめ直してみてはいかがでしょうか?

【毎日でもできそうな短めの時間で
 集中してできる時間を探す!】
【やりたい練習をやる!】

ぴん!ときた方は、
これを心がけてみてくださいね


お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
 画像つきメール
文字メール
※携帯のメールアドレスでご登録の方は、
「文字メール」を選択してください。
 
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク