コードブックで暗記しない!主要3コードフォーム〜CAGEDシステム〜

コードを形だけで覚えてしまっている方へ

「C」「Am」「E7」と

言われれば、押さえられるけれど

何指で何の音を

押さえているのかわからない

という方へ

 

CAGEDシステムを使って

主要コード

「メジャー・マイナー・セブンス」

の3種類を把握する方法を

お伝えしていきます

 

こんにちは!

耳コピ力を鍛えて、演奏のクオリティを上げる!

ギター講師の島田沙也加です

 

コードの構成音を度数で把握する

コードは、

ルート音を基準に数えます。

 

「C」であれば、「ド」が「1」

「Dm」であれば、「レ」が「1」

というような見方をします。

 

▼よくわからない方は、こちらをどうぞ!

http://shimadasayaka.sakura.ne.jp/wordpress/2017/01/28/post-2845/

 

CAGEDシステムで把握する主要コード

「C」「A」「G」「E」「D」の

5つのコードフォームで

指板を把握する方法

「CAGEDシステム」を応用して、

主要コードの押さえ方を

度数で把握していきましょう。

 

 

Cフォーム

Cフォームの応用で

よく使われるのが「セブンス」ですね

 

Cフォーム・セブンス

※セブンス・コードは

「1・3・5・♭7」から

できています。

 

Aフォーム

Aの形(フォーム)の応用です。

 

Aフォーム3

※マイナー・コードは

「1・♭3・5」から

できています。

Eフォーム

Eの形(フォーム)の応用です

 

Eフォーム3

 

Dフォーム

Dの形(フォーム)の応用です。

 

Dフォーム3

 

フォームより位置関係を把握しよう!

コードの押さえ方を

応用させるためにも、

コードを押さえる形よりも

音の位置関係

覚えていきましょう。

 

パワー・コードを

押さえたことがある人ならば、

「5度、オクターヴ」の位置関係は

覚えているかもしれませんが、

 

ルート音を基準にして、

メジャー・スケールが見えるようになると

コードの押さえ方が広がります。

 

アドリブで遊びながら、

位置関係を把握していきましょう!

 

 

 

TAB譜に頼る練習からおさらばしたい方へ

ギターがあったら

ササッと何かを弾き出す人と

最近練習したフレーズしか弾けない人の

違いは何でしょうか?

 

この差を埋める1つの方法が

「指板攻略」です。

 

現在、指板攻略トレーニングBOOK

無料配布中です!

ぜひ、受け取ってください!

指板攻略トレーニングBOOKを受け取る!


お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
 画像つきメール
文字メール
※携帯のメールアドレスでご登録の方は、
「文字メール」を選択してください。