ソロ・ギターのつくり方 | 耳コピ力を鍛えるギター練習帳

ソロ・ギターのつくり方

コードとメロディを同時に弾く

ギターは

リズムを担当するときは、

リズム・ギターのみ!

ソロのときは、

単音でメロディを弾く!

というイメージが強い楽器かもしれませんね。

ここでは、

ギター1本で

コードとメロディを同時に弾く

ソロ・ギターのつくり方を

お伝えします

こんにちは!

アドリブの専門家

島田沙也加です

ソロ・ギター例

「いつかのメリークリスマス

〜クリスマス増し増しVer.〜 」

について解説していきますね。

この動画の

冒頭(〜0:25)

後半(1:03〜)

ギターのコードとメロディを

一緒に弾いています。

こうした演奏を作るために、

必要な要素を3つにまとめました。

3STEPでつくるソロ・ギター

STEP1

メロディを1、2弦で探す。

(なければ3弦も可)

STEP2

メロディの音が

トップノート(一番高い音)に

来るようなコードをつける。

STEP3

コードチェンジのタイミングなどで

コードを鳴らす。

もしくは、メロディ1音ずつに

コードをつける

この順番で、

つくることができます。

難しそう、と思いますか?

ソロ・ギターに必要な能力

STEP1は、

指板上のドレミファソラシドが

見えていないとできません。

STEP2は、

コードブックに頼らずとも、

コードをつくる知識がなければ

つくることはできません。

ブログでも、

解説していきますが、

今なら無料の体験レッスン

こうしたソロギターの作り方の

概要をお伝えすることができます^^

知識だけに終わらず、

しっかりとギターを弾ける

能力を身に付けたい

そんなあなたにオススメです

▼詳細&お申し込みはこちらから▼

http://shimadasayaka.sakura.ne.jp/wordpress/page-2337/


お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
 画像つきメール
文字メール
※携帯のメールアドレスでご登録の方は、
「文字メール」を選択してください。
 
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク