練習を根本から変える!基礎トレーニングで感性が磨かれる! | 耳コピ力を鍛えるギター練習帳

練習を根本から変える!基礎トレーニングで感性が磨かれる!

「ギターやりたいな〜!」って思ったら

好きな曲のコピーから始める方は

すごく多いと思います。

そこに練習の落とし穴があるのです!!

こんにちは!

耳コピ力を鍛えて、演奏のクオリティを上げる!

ギター講師の島田沙也加です

練習を根本から変える本!

今回ご紹介したい本はこちら。

耳と感性でギターが弾ける本

※画像クリックでAmazonに飛びます。

名門バークリー音楽大学で、

ギターを教えるトモ藤田さんの教則本です。

表紙からして、教則本としては、

異彩な雰囲気を醸し出しています

知的で学術書っぽいですよね(笑)

最初、エッセイ本かと思いましたが

ちゃんと実習のある教則本です。

お手本のCDもついてます。

カラーでファンシーな

見やすさはありませんが、

内容は堅苦しくはありませんし、

課題も取り組みやすいです。

「好きな曲のコピーしか

 やったことがない」

という現状から

ワンランクレベルアップしたい

そんなギタリストさんにオススメです。

独学ギタリストは「筋トレ」不足!?

この本は、独学ギタリストが見逃しがちな

音楽的な基礎能力を鍛えるための内容です。

スポーツなら筋トレで基礎体力をつけるように、

音楽も基礎能力を鍛えることが大切です。

筋トレとは、言っても、

腹筋をするわけではありません(笑)

音楽的な基礎能力というのは、

音感・リズム感・楽器の操作

の3つ。

この本の大きな特徴は

音楽的な基礎能力を磨き、

ギタリストとしての全体を整える

ことを目的にしているところだと思います

それでは、ここからは、

この本の私のおすすめポイントや

共感ポイントなどを紹介していきます!

「耳と感性でギターが弾ける本」をおすすめする5つの理由

ポイント①ギタリスト必須知識の詰め合わせ

ポイント②あらゆる「独学の落とし穴」に先回り

ポイント③とても現実的な言葉がイイ!

ポイント④かんたんで奥が深い

ポイント⑤ギターがもっと好きになる

ポイント①ギタリスト必須知識の詰め合わせ

アンプのセッティング、

ピックの選び方、

ギターのセッティング・チューニング、などなど

練習以前の問題も取り扱われています。

独学だと適当になってしまう、

もしくは、何がいいのかよくわからない

といったこの部分が

上達の妨げになっている可能性大!

練習ばかりで、

機材の知識が薄い方には、

ありがたい情報です。

ポイント②あらゆる「独学の落とし穴」に先回り

私自身、

「好きな曲のコピーだけをしてきた」

という時間が長く、

それがコンプレックスを生んでいました。

コピーだけでは鍛えることのできない、

音感・リズム感・

運指などの身体の動かし方

を網羅しています。

大人になってからでは

遅いということはありませんが、

これらは、なるべく早いうちから、

トレーニングすることをオススメします!

私ももっと早くこの本に出会いたかった…!(笑)

「音楽を楽しむチカラ=感性」を磨くことで、

好きな曲を真似るだけではない、

音楽の楽しさが見つかると思います。

これから永く楽しく

ギターとお付き合いするために

「独学の落とし穴」

識っておくことは大切です

ポイント③とても現実的な言葉がイイ!

ただし、基礎練習はあまり楽しいものではないということを先に知っておくのも大切です。

トモさんの本を読んでいると

特別な才能がなくても

ギターは上手くなれるんだ!

そんな勇気がもらえる感じがします。

(トモさんが凡才という意味ではなく。)

何でもかんでも

練習が楽しいとは限りません。

練習が楽しくないイコール、

ギターが好きではない、

ということはないのです。

ちょっとしたひとことが

ところどころ深く突き刺さってきます^^

内容を実践するに越したことはないのですが、

読むだけでも、「練習への考え方」

大きく変わると思います。

この本を読んで、

ギタリストとしての成長を想って

綴られているんだな〜と感じました。

ポイント④かんたんで奥が深い

難しすぎてデキナイフレーズが

載っていて続かない…

という教則本を買ったこともありますが(笑)

この本において、

そういった心配はいりません。

その代わり、基礎的な練習ほど、

「なぜやるのか??」

が重要ですから、

練習の目的を深く考えて

実践することが求められます

ポイント⑤ギターがもっと好きになる

好きな曲を聴き、

それを弾きたいからギターを始めた。

モテると思って始めた、とか(笑)

最初はそんな単純な理由で始めた方でも

ギターと楽しく末永く

お付き合いしていきたい!

という気持ちがあるのであれば、

この本で、ギターのチカラを深く味わってください。

「ブルース」について解説されていますが、

ブルースを聞いたことが無い、という人でも

ギターを選んだのであれば、

ぜひ挑戦してほしいジャンルです。

ギターの表現力を識ることが出来るのが

ブルースだと思います。

きっとギターがもっと好きになります!

感覚的にギターを楽しみたい人にオススメ!

音楽理論の難しい話は出てきませんので、

サラッと読み通すこともできますし、

実習にも取り組みやすいです。

弾きたい音を自由に弾き、

感覚的にギターを楽しみたい人は

必読の1冊です。


お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
 画像つきメール
文字メール
※携帯のメールアドレスでご登録の方は、
「文字メール」を選択してください。
 
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク