指板攻略60分超実践トレーニング | 耳コピ力を鍛えるギター練習帳

指板攻略60分超実践トレーニング


ギタリストの上達の壁は「指板の仕組み」だった!?

ギターを自由自在に弾きこなすためには、

「指板の仕組み」を理解することが必要不可欠です!

あなたには、こんな経験はありませんか?

✓ムズカシイ曲に挑戦できるようになったけど、新しい曲に取り掛かると「振り出し」に戻った感じになる

✓一生懸命覚えた曲もしばらくすると、思い出せない、そして、弾けない

✓忘れないためには、弾き方を指に染み込ませることが大切だと思って、時間をかけて練習している

実はコレら、すべて

私自身「あるコト」を覚えるまで

抱えていた悩みでもあります。

その時の私は、中々上手く弾けないことを

「才能」のせいにしました。

ところが、これは、

まるっきり見当違い!!!

本当の原因は、

「TAB譜に頼り切った練習」

にありました。

TAB譜を見ることで、

「指板の仕組み」を全く知ること無く、

ギターを6年も弾き続けていたこと。

これが、上達しない原因だったのです!

TAB譜に頼りっきりの練習を続けていては、

いつまで経っても、

自由にギターソロを弾いたり、

バッキングを多彩に弾きこなす日は来ない、と

身をもって実感したのです。

もし、あなたにも同じことが当てはまるのであれば、

「指板の仕組み」

を理解することを始めましょう!

正しい練習を積み重ねることで誰でも飛躍的に上達することができます

あなたの周りには、

まだまだ歴が短いのに上手い人はいませんか?

もしくは、小さい頃から音楽をやっていて、

既にめちゃくちゃうまい人。

彼らには、才能があったから、

上達したのでしょうか?

もちろん、そういう人もいるかもしれませんが、

そんなのは本当に少数!!

独学の方に特に多いのですが、

「必要な練習が見えていない」

たったこれだけのことで、

本当はもっと弾けるのに、

上達が頭打ちになっているのです。

今回、お渡しした小冊子には、

必要な練習を詰め込んでいますが、

あなたがいち早く上達を掴むためには、

音感×指板の仕組み×歌い方

=自由自在なギタープレイ!

という練習の方程式を理解し、

練習の軌道修正をしていくこと。

今回の、

『TAB譜に頼らず、ギターが弾ける!

指板攻略60分超実践トレーニング』

では、あなたの現状に合わせて、

あなたの本当の実力を発揮するための

練習方法をお伝えしていきます。

自由自在にギターを弾きこなすために必要なコト

単純に「指板の仕組みを覚える」といっても、

12フレットまで

ずらーーーーーっ

音名が書かれたプリントを

見続けて覚えても、

「縦横無尽に使いこなす」のは

ムズカシイでしょう。

そこで必要なのが、

①「指板の仕組み」を理解する

「CAGEDフォーム」

②「音程」の仕組みを理解し、

同時に「音感」を鍛える

③2小節から始めるソロフレーズ発想法で

ギターソロの「歌い方」を磨く

これら3つが揃って、始めて

「指板の仕組み」を覚えることが

実践に役立つようになるのです!

私自身、コピーバンドをやっていた頃は

「TAB譜があれば、問題なく弾けるし、

指板の音の並びを覚えるのは、面倒だな…」

と思い、初めてギターを手にしてから

6年間という時間、

ギターを弾いていた時間を

無駄にしてしまいました。

「この練習を知っていたら、

今頃は…もっと上手く弾けるのに」

今更、悔やんでも仕方ないのですが^^;

あなたには、時間を無駄にせず、そして

こんな悔しい思いをして欲しくないのです

「指板の仕組み」を覚えることは

なるべく早い方がいいです。

「××ができてから…」と思うことで、

上達から遠のきます。

これは私の経験から思うことです。

「使える形」で指板を覚えることで、

今では想像もできないほどの

上達を掴むことが可能です。

私にもできたのだから、

あなたにできないわけがありません!

天才エピソードに騙されるな!

「××さんは、譜面が読めないのに、

ギターが弾けた!」

「◯◯さんは、一回聞いただけで、

もう耳コピができる」

そんな偏った情報に

振り回されてしまう人が後を絶ちません…

これらはその人の一部分を

切り取っただけの情報です。

それまでに、どんな積み重ねがあったのか?

という部分は、あまりフォーカスされないものです。

「3歳からピアノをやっていた」

「絶対音感を持っている」

という話を聞けば、

私もそんな環境羨ましいな、とは思います^^;

ですが、それだけ小さな頃から

レッスンを続けてきた、という

その人の努力の賜物ですよね

単純に、3歳から努力してきただけ、のこと。

20歳から、音楽を始めたなたら、

20歳から頑張る方法を考えればいいし、

30歳でも同じです。40歳でも、50歳でも。

私のレッスンには、

下は20代、上は50代の方が

通ってくれていますが、

年齢は関係ないと感じさせてくれます。

年齢なんかよりも、

「自分にも、できるだろう」

どこか、そう確信している方が

上達は早いですね

誰もが、「必要な練習」を理解し、

正しく積み重ねることで

上達できること、夢を掴めることを

私は確信しています。

一部の天才的エピソードに振り回されず、

「自分に必要な練習」にフォーカスすれば、

あなたも必ず、上達します。

エリック・クラプトンのように弾きたい。

ノエル・ギャラガーのように弾いて歌いたい!

グラント・グリーンのように

ワクワクさせてくれる展開のソロを弾きたい!!

さぁ、自分のなりたい姿を描きましょう!

そして、これらの夢へと一歩近づくために

避けては通れないのが、

「指板の仕組み」を理解することです

迷いなく、心地よく弾く憧れのプレイヤーは

「指板の音名なんて考えてなさそう」

に見えますが、

それも、正しい積み重ねがあるからです。

正しい積み重ねがあったからこそ、

「感じるままに」

「思いつくままに」

ギターを弾くことが

できるようになっただけのことです

もちろん、あなたにも可能です!

「指板の仕組み」を理解することで、耳を育てるのが本当の目的

単純な話ですが、

やっぱり上手くなったほうが

楽しいですよね!

できることが少ないより多い方が楽しい。

できることが増えると

耳のグレードも上がって

より豊かに音楽を聞けるようになります。

単純に音をあてるだけが「良い耳」ではなく、

・良い演奏が分かる耳

・きれいな音が分かる耳

・音楽を楽しめる耳

という色んな面で耳は育ちます。

人の聴覚と比べることはできませんから、

自分は音楽がよく聞こえているのか

どうかはわかりません。

自分の成長をもって、

体感するしかないのです。

私は、過去の私が、

今の自分のカリキュラムを受ければ、

もっと早く上手くなれたのに!!

とも思います。

だからこそ、

他の人にも伝えたい!!

と強く思うのです。

私は、この自分のメソッドを体系化し、

12回の講座として、レッスンしています。

今回は、実際にレッスンを受けてくれた

飯島勇樹さんの声を紹介します。

飯島勇樹さん(20代/教師/神奈川県)

まず、楽しかったです!

島田さんがフレンドリーでした。

やりたかったことが

できている感じがしました

自分の弾いているフレーズが

かっこいいと感じるときは

初めてギターを買ったときのように嬉しかったです。

(この講座を)やっててよかったな、と思います。

コピーだけじゃ得られなかったものも得られたし、

もっと勉強しようという気持ちも生まれました。

自分で音を選んで弾くことは

今までしなかったので、

その練習ができたことがすごく良かったです!

▼△▼△▼△▼

飯島くん!

感想をありがとうございます(^^)!

3〜4ヶ月目あたりで、

耳コピがしやすくなってきた!

と報告してもらえたのも

すごく嬉しかったです!

今回の超実践トレーニングでは、

私の経験やそれから生徒さんにも

しっかりと効果の出た練習の仕方を

お伝えしていきます。

今すぐ、「指板攻略トレーニング」を実践して欲しい。

ギターは本当に素晴らしい楽器だと思います。

私も、まだまだ腕の磨き途中です。

私の師匠も、

まだまだ腕を磨いていると言います。

本当にやりがいのある楽器です

深めれば深めるほど、

ギターが喜びをくれるのです。

私はギターに出会えて、

それから、ギターを正しく上達する方法に

出会えたことをとても感謝しています。

ギターを始めてから、

順調に、ずっと楽しめていたわけではありません。

全く弾かない時期さえありました。

その時期がなければ、

今頃、もっと上手に弾けるのに、

と残念に思うこともありますが、

もし、そんな経験がなければ、

今こうして、あなたに

ギターが弾ける喜びを伝えたいとは

思わなかったかもしれません。

結局は、私のその

「練習への勘の悪さ」が功を奏して、

こうしてギターの楽しさをお伝えする

喜びを掴めたので、結果オーライですね(笑)

全く弾かなくなって、半年を過ぎ、

「もう、ギター辞めてしまおうかな…」

と思っていた頃に、

とある音楽教室に拾われました。

私はいつも「運がいい」と感じます。

その音楽教室に声を

かけてもらっていなかったら、

「やっぱりギターは

自分には才能がないし、無理なんだ」

と他の人を羨みながら、

ギターから離れてしまったことでしょう。

良い練習方法に出会えず、

上達しないことで、

ギターを飽きてしまう。

これが、一番怖いコトです。

世の中には、

たくさんの趣味、娯楽があります。

車、サーフィン、山登り、川釣り…

色々とある中で、

私とあなたは、音楽を選びました。

何かに関心を寄せるからこそ、

そして行動するからこそ、

得られる喜び、感動があるのです。

せっかくギターを選んだのなら、

ギターで感動を掴もうじゃありませんか!

追伸:常識を変えたい!!

今では、不思議に思うのですが、

「楽器は、譜面を用意して弾くものだ」

と思い込み、そして、

この思い込みこそが上達の足を引っ張り、

私を6年もの間、苦しませていました。

音楽の授業をとっても、

ピアノのレッスンのイメージからしても、

「譜面を使う」というのが、

あまりにも当たり前化しているこの現状を

私は変えたい!と強く思い、

あなたにも自由に弾ける喜びを

実感してもらうために

こうしてレッスンを開講しています。

<体験レッスンまでの流れ>

1.体験レッスンに申し込む

→申し込み確認メールの後、

改めて日程確定と

「事前アンケート」の記入を

お願いするメールを送ります。

2.事前アンケートを申込み2日後までに提出

現状のあなたのレベルに合わせたレッスンをするための大切なアンケートです!

提出いただけない場合は、レッスンをお断りさせていただく場合があります。

ご了承ください。

※難しい質問ではありませんので、ご安心ください

3.体験レッスン当日

レッスンまでに課題などはありません。

リラックスして、一緒に

「音を楽しむ時間」にしましょう^^

<お支払い詳細>

「テキスト優待特典」
通常10,800円(税込)のところ
5,400円(税込)

 

※お申込み時は必ず、コメント欄に「★テキスト優待特典」とご入力ください
※テキストに記載されている無料特典は、終了いたしました。

 

<キャンセルポリシー>
予約完了後、やむを得ない理由で、キャンセル・日程変更される場合は、キャンセル料として5,400円を頂きます。

<時間・場所>

約60分 蒲田スタジオ

※京浜東北線「蒲田駅」(東京駅より約20分、品川駅より約10分)

(継続レッスンの説明をレッスン後に致しますので、時間に余裕を持ってお申し込みください。※希望者のみ)

また、会場の詳細は、申し込まれた方に連絡します

 <こんな方にオススメです>

✓エレキギターで、既に弾ける1曲がある方

✓コピーは弾けるけど、オリジナルのソロは全く出来ない方

✓耳コピが苦手な方

✓アドバイスを素直に聞ける方(年齢制限があるわけではありませんが、45歳以下の方を中心にレッスンさせていただいています)

✓独学で音楽理論を勉強したけど理解できなかった方

✓ギターの弾けるかっこいい自分に憧れる方

楽器のレベルは問いません!

「上手くなってギターを楽しみたい!」

その気持ちが大切です(^_^)

<こんな方のお役に立てません>

・理論は意地でも覚えたくない方

・練習が続けられない方

・ジャズだけ、ロックだけなど、ワンジャンルのみ極めたい方

 <お申し込みフォーム>

お名前(フルネーム) (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号(必須)

日程
2/10(日) 15:002/10(日) 17:002/10(日) 19:002/11(月) 13:002/11(月) 15:002/11(月) 17:002/11(月) 19:002/12(火) 13:002/12(火) 15:002/12(火) 17:002/12(火) 20:002/13(水)  17:002/13(水) 20:002/15(金) 13:002/15(金) 15:002/16(土) 13:002/16(土) 15:002/16(土) 17:002/16(土) 19:002/17(日) 17:002/17(日) 19:002/18(月) 15:002/18(月) 17:002/18(月) 20:002/20(水) 13:002/20(水) 15:002/20(水) 17:002/20(水) 20:002/22(金) 13:002/22(金) 15:002/22(金) 17:002/22(金) 20:002/23(土) 13:002/24(日) 15:002/24(日) 17:002/24(日) 19:00その他の日程を希望する
★希望の日程を3つ以上選択してください

意気込みやどんな風になりたいか
想いをお聞かせください(必須)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする