「倍音」って難しそうだけど、耳が良くなる足がかりになるような話でまとめてみた。

譜面には写らない音耳を傾けよう!

 

こんにちは!

耳コピ力を鍛えて、演奏のクオリティを上げる!

ギター講師の島田沙也加です

 

声・音色の違いは倍音で生まれる

 

キンキンと響くような声、あったかく親しみを覚える声、また、楽器であれば、ピアノの音、ギターの音。

例え、同じ音程で、音(声)を発したとしても、「音色」が違うことがわかりますね

 

この音色を作り出している、一つの要素が「倍音」です。

 

「指板攻略」で音感と演奏力が上がる!トレーニングBOOK無料プレゼント

倍音って何?

「倍音」ってなんですか?と聞かれて、しっかり答えられる人は、少ないでしょう。

 

目にも見えないし、譜面に書かれることもありません。

 

五線譜やTAB譜などの楽譜を見ているだけでは、イメージが付きづらいのが「倍音」です。

 

例えば、「ド」の音を出しても譜面上では、音符ひとつで表されてしまいますが、実際には、弾いていると思っている「ド」以外の音(振動)も含まれているのです。

 

この場合の「ド」の音を<基音>、その他の音を《倍音》と呼びます。

言葉では難しいので、オレンジジュースで考える

「倍音」に関しての説明は、どんな本を読んでも、だいたい一緒です。

 

ですが、他の音も鳴っている、とは言われても中々イメージつきづらいですよね。空気のように、音も見えないですから^^;

 

そこで、オレンジジュースを想像してみましょう。

 

果汁100%のド●ル、果汁10%のバ●リースなど、オレンジの味がする中でも、オレンジ成分が多いものから、少ないもの様々なものが売られています。

 

音も同じように、譜面には「ド」と書かれていても、実際は100%「ド」の成分では、できていないのです。

 

果汁10%でも、オレンジの味が感じられるように、音も他の成分(倍音)が混ざっていても、頭では「ド」と認識しているのです。

 

ちなみに音の場合の、100%「ド」のみの音、つまり基音のみの音は、音叉や試験放送のような音色になります。

 

「指板攻略」で音感と演奏力が上がる!トレーニングBOOK無料プレゼント

「倍音」の知識はどう役に立つ?

 

なぜ「倍音」のお話をしているかというと、「音程」以外の部分に耳を傾けてほしいからです。

 

特に、ギターは同じ音を違うポジションで、弾くことのできる楽器です。

 

例えば、「ド」を弾くならば、2弦1フレット、3弦5フレット4弦10フレット、5弦15フレットで、すべて同じ音程の「ド」を弾くことができます。

 

ですが、「音色」が違うことに気がつくでしょう。

 

「音色」が違うということは、「印象」が変わるということです。

 

せっかく印象を豊かに表現できる楽器を選んでいるのに、それを無視して、すべて「同じ音程」でまとめてしまうのは、モッタイナイですよね

 

この記事で、あなたの耳が音程以外の要素に、耳が傾くきっかけになればうれしいです(^^)

倍音にも2種類ある

さて、倍音にも2種類あります。

整数次倍音

非整数次倍音

の2つです。

 

よく楽典、音楽理論で扱われるのは、「整数次倍音」です。

 

ギターの弦が揺れているときに、弦全体の揺れだけでなく、二分の一、三分の一、四分の一…というような振動が同時に起こっています。

 

※コレを利用して演奏するのが、ハーモニクスという奏法ですね。そのまんま、倍音という意味です。

 

コレ以外の不規則な振動を《非整数次倍音》と呼びます。

 

だからなんのこっちゃ。

 

とお思いのことでしょうから、身近な「声質」を例に取ってお話ししていきましょう。

 

「指板攻略」で音感と演奏力が上がる!トレーニングBOOK無料プレゼント

特徴的なあの人の声の成分

整数次倍音の多い声というのは、ギラギラとした印象になります。

 

B’zの稲葉浩志さん、浜崎あゆみさん、などは、こちらのタイプ。

 

この声のタイプは「カリスマ性」を感じさせるそうです。

 

非整数次倍音の多い声は、カサカサとした印象。

 

サザンの桑田佳祐さん、宇多田ヒカルさん、スガシカオさんなどが、こちらのタイプ。

 

このタイプの声を聴いたときに「親しみ」を感じたり、「重要なことを言っている!」と感じるといいます。

 

こんなふうに聞くと、あれ?この人どんな声質だっけ?と気になってきませんか?(^^)

 

 

こんなところから、倍音への扉を開けていっても面白いかもしれません。

音楽を豊かに聴く耳を育てる

「耳が良い」というと、「音程を聴き取ること」に、意識がいく人が多いですが、私は、この答えはひとつでは、ないと思っています。

 

・良い演奏が分かる耳

・きれいな音が分かる耳

・音楽を楽しめる耳

 

そして、楽器をやる上で、これらの耳を育てることは、一生の課題です。

 

「音程」が分かるようになるのも、大切な練習のひとつですが、今回の「倍音」から始まり、音の印象へと意識を向けることもとても重要です。

 

だからこそ、譜面に目を向けず、精一杯、鳴っている音に耳を傾けることが大切なのです。

 

リズムにおいても同じことがいえますが、音楽において大事なことは、譜面に書かれていない部分にあるものです。

 

例えば、全く元気がなさそうな友達に、「元気だよ、大丈夫…」と言われても、あなたは、何かあったんだろうな…とその口調から察するでしょう。まさにコレと同じこと。

 

同じ1音を弾くにしても、表情は全く変わるのです。

 

良い耳を育てていきましょう!(^^)

 

 

「指板攻略」で音感と演奏力が上がる!トレーニングBOOK無料プレゼント

【関連記事】ギターの音作り

ギター奏者に、身近な「倍音」は、音作りです。アンプなどで、トレブル、ミドル、ベースなどのツマミがありますね?

これらは、倍音の出方を調節するものです。

ぜひ、アンプを操作しながら、倍音の世界に触れてみてくださいね!

どうする?アンプのセッティング〜音作りのヒケツ〜


お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
 画像つきメール
文字メール
※携帯のメールアドレスでご登録の方は、
「文字メール」を選択してください。