レッスン内容・レッスンフィー | 耳コピ力を鍛えるギター練習帳

レッスン内容・レッスンフィー

はじめての方は…

選べる3つのプラン

本格派ギターコースだから鍛えられる3つの要素

音感・リズム感

単純なコピー練習では、身につきづらい音感やリズム感を効果的なトレーニングを取り入れることで磨いていきます。

「大人からでは、音感は鍛えられないのでは?」という間違った思い込みを持った方が多いですが、大人から鍛える方法もあります。耳コピの精度を確実に上げることができます。

リズム感は、ブルースやファンク、ソウル、ジャズなどのグルーヴをつかんで心地よく演奏できるようにトレーニングしていきます。

演奏力・表現力

ピッキングのコントロール力、コードストローク、運指など、演奏の基本的能力を向上させていきます。

「演奏力」を鍛えることで、新しいフレーズに挑戦するときに、弾けるまでの時間が短くなったり、同じものを弾いていても「クオリティ」がアップしたり、よりギターの演奏が楽しくなること間違いナシ!

応用力

音楽の基礎知識、ギターの知識を身につけることで、例えば、覚えたソロをアドリブに活かせるようになる、など「応用力」を磨いていきます。

アドリブセッション定番曲を3曲習得し、より実践的な練習を取り入れていきます。

講師:島田沙也加プロフィール

2015年春より東京の音楽教室で、講師業をスタート。

2016年秋、個人教室でオリジナルプログラムを開講。

現在は、バークリー音楽大学助教授トモ藤田氏に師事し、音楽教室で培った経験と自らの研究を活かし、レッスンをしています。

レッスンでは、「耳コピ力を磨くこと」を大事にしています。耳コピ力を磨くことで、音楽は更に楽しめるようになりますし、演奏も「意味」が変わってきます。

ギターを通して、素晴らしい感動に出会って欲しい、そんな想いでレッスンをしています。一つのことに打ち込む、努力する、そんなカッコイイ背中を魅せるオトナを増やすことが志命です。

なぜコースメニューなの?

継続的にレッスンを受けることで、レッスン後も独学で上達していける「練習の考え方」を養います。1回レッスンを受けて、その場で新しいことが知れたり、解決策が分かったりしても、ただ答えがわかって、安心して満足した気持ちになるだけで、技術・能力にはなりづらいのです。

目標を決めて、達成する期間を決めるからこそ、ギターのモチベーションにもなります。「いつか、頑張ろう…」と思って、後回しにせず、集中してトレーニングすることで、ギタリストとしてのレベルをワンランク上げていきましょう!

他のレッスンや専門学校との違いは何?

1.グループレッスンでは、カバーできない技術向上への細かいアプローチ

グループレッスンは、一見安くてオトクそうに見えますが、個人個人のレベルに合わせては進んでくれないのがデメリットです。

完全マンツーマンレッスンですので、一人ひとりの進度に合わせて、丁寧にレッスンしていきます。

2.カリキュラムに縛られず、あなたの能力を伸ばします。

「週に1回通っていた教室は、おしゃべりだけで終わるときもあった」「カリキュラムがあるから、自分がどれだけ練習しても、先に進ませてくれない」これらは別の教室に通ったことがある生徒さんの声です。

「安くたくさん通える」というのは、モチベーション維持に良いかもしれませんが、結局「ギターが楽しい!」という気持ちを育てていかなければ、レッスンが終わったと同時に、ギターが続かなくなってしまいます。

また、既に決められたカリキュラムに縛られることは、当教室ではありません。あなたが努力すれば、するほど、より高い結果を望むことができます!

3.レッスンは、習って終わりではありません!

当レッスンは、曲の弾き方だけを教えたり、手っ取り早く弾けるカッコイイフレーズを教えるようなレッスンではありません。

必要な練習の考え方、上達するための練習を選ぶ判断の仕方を学び、「レッスン後」も一生、自分のスキルを伸ばしていけることを大切に考えています。

専門学校のように、専門性が高くわかりやすい情報と、マンツーマンレッスンでの細かいサポート、そして、レッスン後も一生使える知識・技術が身につく!これらが、当レッスンの特徴です。

まずは、初回体験レッスンから!

どのようなことが習えるのか?どのくらい弾けるようになるのか?

まずは、体験レッスンをご受講ください!そして、実際のレッスンの雰囲気を味わってみてください。

体験レッスンを受けてみて、「なんか違うな…」と思われたら、こちらから無理にコース受講等を勧めることはありませんので、ご安心くださいね。

あなたが、ご自分に「この内容が必要だ!!」と思われれば、全力でサポート致します(^_^)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする