【音楽理論】ナンバー・システム

「分析」に役立つ音楽理論

今回は、コード進行を分析するために

役に立つ「ナンバー・システム」

についてお話していきます。

 

コード進行を分析できると、

・感覚的に聴きやすくなる

・移調できる(キーを変えられる)

・コード的なアプローチをする

アドリブに役に立つ

というメリットがあります。

 

コードを分析する

「ナンバー・システム」

おさえていきましょう。

 

こんにちは!

アドリブの専門家

島田沙也加です

 

「ナンバー・システム」とは

「ナンバー・システム」というのは、

ダイアトニック・コードに対し、

ローマ数字を当てはめて、

分析する方法です。

 

ダイアトニックコードとは?

http://shimadasayaka.sakura.ne.jp/wordpress/2016/05/15/post-2097/

 

%e3%83%80%e3%82%a4%e3%82%a2%e3%83%88%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af%ef%bc%91

 

 

なぜローマ数字に置き換える?

重要なことは、

キーが変わっても、

コードの性格(機能)

変わらない

ということ。

 

例えば、

1番目(Ⅰ)のコードは

・メジャーコード

・落ち着きコード

 

2番目(Ⅱm)のコードは

・マイナーコード

・盛り上がりコード

 

であるという特徴は、

キーが変わっても変わらない、

ということです。

 

http://shimadasayaka.sakura.ne.jp/wordpress/2015/09/14/post-728/

徹底比較!「キーC」VS「キーF」

と、説明してきましたが、

言葉で覚えることは

音楽理論の覚え方として

よくありません。

 

聴いてみて、

自分の感覚と理論を

リンクさせることが

音楽理論習得のコツです。

 

ポップスや

また、ジャズでも多用される

「Ⅰ-Ⅵm-ⅡmーⅤ」

というコード進行を

キーFと場合とキーCの場合で

聴き比べてみましょう。

 

1)キーCの場合

:C-Am-Dm-G

 

2)キーFの場合

:F-Dm-Gm-C

 

同じような、

落ち着き盛り上がり

コードの波が

聞こえてくると思います

 

コードの聴き方

「コードの耳コピができません」

という方は多くいらっしゃいます。

 

前述した通り、

コードはキーが変わると、

性格(機能)が変わってしまいます。

 

キーCでは、

落ち着きコードだった「C」も

キーFでは、

盛り上がりコードです。

 

性格を聞き取ることができずに、

コードを探しているとしたら、

難易度はウルトラ級です(笑)

 

こうしたコードの性格を

まず聞くようにしてみましょう。

 

そもそも、

どうしてコードができるのかわからない…

という方はまず、メジャースケールから

チェックしてみてくださいね。

 

メジャースケールとは?

http://shimadasayaka.sakura.ne.jp/wordpress/2015/11/22/post-1180/

アドリブ音楽理論まとめ

http://shimadasayaka.sakura.ne.jp/wordpress/page-2579/


お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
 画像つきメール
文字メール
※携帯のメールアドレスでご登録の方は、
「文字メール」を選択してください。